トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

過去のセミナー/2008年度

Last-modified: 2011-11-02 (水) 18:46:02 (2212d)
Top / 過去のセミナー / 2008年度

2008年度 組合せ数学セミナー

  • 世話人: 坂内 英一(九大数理)

2009年 3月18日(水) - 3月19日(木)(代数的組合せ論ミニ集会)

~ 坂内英一教授 退職記念 ~

  • 場所: 箱崎キャンパス 理学部 4号館4201教室
  • 世話人: 宗政 昭弘(東北大),生田 卓也(神戸学院大),大浦 学(高知大)
  • プログラム
3月18日
10:30-11:00小池 正夫(九大数理)2-adic modular form について
11:15-11:45小関 道夫題未定
13:30-14:00伊藤 達郎(金沢大自然科学)TD-pair の分類について
14:15-14:45花木 章秀(信州大理)Algebraic properties of adjacency algebras of association schemes
15:00-15:30田中 太初(東北大情報)Dual-tight cometric association schemes
15:45-16:15平木 彰(大阪教育大)Completely regular subgraphs in distance-regular graphs
16:30-17:00大浦 学(高知大理)On Siegel modular forms in higher genera
17:15-17:45谷口 哲至(松江高専)On an irreducible Hoffman graph with the smallest eigenvalue at least −3
 
3月19日
10:30-11:00吉荒 聡(東京女子大理)Universal な quadratic APN 関数
11:15-11:45原田 昌晃(山形大理)On binary triply even codes of length 48
13:30-14:00田辺 顕一朗(北大理)可換多元環上の頂点代数としての加群について
14:15-14:45篠原 雅史(鈴鹿高専)On distance sets and locally distance sets
15:00-15:30平坂 貢(釜山大)Finding n such that every transitive permutation group of degree n is multiplicity-free
15:45-16:15黄 大原(国立交通大)An Extension of Stein-Lovasz Theorem and Some of its Applications
16:15-16:35坂内 英一(九大数理)閉会のご挨拶

第15回 2008年12月15日(月)

  • 題名: Combinatorial techniques in symplectic geometry
  • 時間: 15:30~17:00
  • 場所: 箱崎キャンパス 理学部 1号館1401教室
  • 講師: 原田 芽ぐみ(MacMaster Univ.)
  • 要旨:
    Combinatorics appears in a great number of areas in the modern study of Hamiltonian group actions on symplectic manifolds. Starting with the celebrated convexity theorem of Atiyah, Guillemin-Sternberg, which states that for compact Hamiltonian T-spaces , the image of the moment map (which in a precise sense fully encodes the action of the compact torus T is the convex polytope obtained as the convex hull of the image of its fixed point set , the history of modern symplectic geometry has many tales of rich interaction between the combinatorial data and equivariant-topological data. This will be a survey talk, aimed for a wide audience, the intention of which is to give a flavor of this active and many-faceted area of modern research.

第14回 2008年12月15日(月)

  • 題名: Character table of m-flat association schemes
  • 時間: 15:30~17:00
  • 場所: 箱崎キャンパス 理学部 1号館1401教室
  • 講師: 栗原 大武(九大数理)
  • 要旨:
    Zhu Xueli-Li Fenggao は有限体上での affine m-flat の集合から アソシエーションスキームを構成した.このアソシエーションスキームは商ス キームとして q-analogue Johnson scheme を含んでいて,可換な非原始的 なアソシエーションスキームの新しい例として注目を浴びている. このセミナーでは m-flatアソシエーションスキームと q-analogue Johnson scheme との関係を考察することにより,m-flat アソシエーションスキームの指 標表を具体的に与えることを目標とする.

第13回 2008年12月 8日(月)

  • 題名: Coherent configurations obtained from spherical designs and triply regular association schemes
  • 時間: 15:30~17:00
  • 場所: 箱崎キャンパス 理学部 1号館1401教室
  • 講師: 須田 庄(東北大情報)
  • 要旨:
    Delsarte-Goethals-Seidel は となる球面上の有限集合が 内積を関係とするアソシエーションスキームの構造を持つことを示した。 最近、Bannai-Bannai は , antipodal となる球面上の有限集合に対し、 同じ結果が成り立つことを示した。
    このセミナーでは、これらの結果の一般化として、ある条件を持つ球面上の有 限集合の族がコヒアラント配置の構造を持つことを示す。 またこの結果を用いて対称なアソシエーションスキームの三重正則性を考察する。

第12回 2008年11月10日(月)

  • 題名: Non existence of spherical 5-designs on the shells in the lattice
  • 時間: 15:30~17:00
  • 場所: 箱崎キャンパス 理学部 1号館1401教室
  • 講師: 三枝崎 剛(九大数理)
  • 要旨:
    lattice の shell が spherical 5-designs になる場合が あるか否かは、数論の「Lehmer 予想」とも関わる、有名な未解決問題である。 この講演では、最近坂内英一先生との共同研究で解いた、 lattice の非存在性を紹介し、その他関係する諸結果を報告する。

第11回 2008年10月27日(月)

  • 題名: On spherical designs from 3-norm shells of some integral lattices
  • 時間: 15:30~17:00
  • 場所: 箱崎キャンパス 理学部 1号館1401教室
  • 講師: 重住 淳一(九大数理)
  • 要旨:
     格子において同じノルムを持つベクトルの集合を殻(shell)という. 格子から得られる球面デザインの研究の中では, 最小ノルムの殻のデザインが多く扱われてきた. 特に最小ノルムが3で, その殻が 5-デザインとなる整数格子については, Venkov によって完全な分類が与えられている. この講演ではその拡張として, (最小ノルムを限定せず)ノルム3の殻が球面の 5-デザインとなる整数格子の完全な分類を与える.
     また, 7次元までの整数格子についてそのノルム3の殻が3以上の球面デザインとなるものの分類を与え, それらの性質について議論する.

第10回 2008年10月20日(月)

  • 題名: Shifted Young diagram の standard tableau を一様確率生成するアルゴリズムについて
  • 時間: 15:30~17:00
  • 場所: 箱崎キャンパス 理学部 1号館1401教室
  • 講師: 仲田 研登(京大数理研)

第9回 2008年 7月14日(月)

  • 題名: Construction of some lattices from building blocks
  • 時間: 15:30~17:00
  • 場所: 箱崎キャンパス 理学部 1号館1401教室
  • 講師: 栗原 大武(九大数理)

第8回 2008年 6月30日(月)

  • 題名: On tight locally s-distance sets
  • 時間: 15:30~17:00
  • 場所: 箱崎キャンパス 理学部 1号館1401教室
  • 講師: 野崎 寛(九大数理)

第7回 2008年 6月 9日(月)

  • 題名: On the Zeros of Hecke Type Faber Polynomials, II
  • 時間: 15:30~17:00
  • 場所: 箱崎キャンパス 理学部 1号館1401教室
  • 講師: 三枝崎 剛(九大数理)

第6回 2008年 6月 2日(月)

  • 題名: On the Zeros of Hecke Type Faber Polynomials
  • 時間: 15:30~17:00
  • 場所: 箱崎キャンパス 理学部 1号館1401教室
  • 講師: 三枝崎 剛(九大数理)

第5回 2008年 5月19日(月)

  • 題名: A Riemann Hypothesis Analogue for the Invariant Ring , where G is the dihedral group of order 2 n
  • 時間: 15:30~17:00
  • 場所: 箱崎キャンパス 理学部 1号館1401教室
  • 講師: Lynne Nocon(De la Salle University, 九大数理)

第4回 2008年 5月12日(月)

  • 題名: On spherical designs obtained from standard realization of association schemes
  • 時間: 15:30~17:00
  • 場所: 箱崎キャンパス 理学部 1号館1401教室
  • 講師: 栗原 大武(九大数理)

第3回 2008年 4月28日(月)

  • 題名: The dimension of spaces of finite modular forms and actions of the Hecke algebra
  • 時間: 15:30~17:00
  • 場所: 箱崎キャンパス 理学部 1号館1401教室
  • 講師: 齋藤 恆和(九大数理)

第2回 2008年 4月21日(月)

  • 題名: 2つの球面上における堅い 2-内積集合の分類
  • 時間: 15:30~17:00
  • 場所: 箱崎キャンパス 理学部 1号館1401教室
  • 講師: 野崎 寛(九大数理)

第1回 2008年 4月 7日(月)

  • 題名: Representations and combinatorics and Galois groups
  • 時間: 15:30~17:00
  • 場所: 箱崎キャンパス 理学部 1号館1401教室
  • 講師: John McKay(Concordia University-京大数理研)