トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

九州大学 組合せ数学セミナー のバックアップ(No.12)


このページでは,九州大学 大学院数理学研究院 / マス・フォア・インダストリ研究所で行われる組合せ数学セミナー*1 の情報を紹介していきます。過去のセミナー情報はこちら

 

今年度も、奇数月の第二土曜日(?)に定期的に行いますので、興味のある方は是非、講演及び聴講にご参加下さい。お待ちしております。

 

Welcome to our website of "Combinatorics Seminar in Kyushu University", which is held by Faculty of Mathematics and Institute of Mathematics for Industry, Kyushu University.

 

We would like to meet on the second Saturday of odd months. Please join us, and enjoy Combinatorics.

 

新着情報

 

2012年度 セミナー

Organizers:
  Yoshihiro Mizoguchi (Kyushu University),
  Mitsugu Hirasaka (Pusan National University / Kyushu University),
  Tetsuji Taniguchi (Matsue College of Technology),
  Tsuyoshi Miezaki (Oita National College of Technology)

  • アドバイザー: 坂内 英一(上海交通大学/九州大学)

Advisary:
  Eiichi Bannai (Shanhai Jiao Tong University / Kyushu University)

第2回 2012年 7月14日(土)

  • 場所: 九州大学 西新プラザ 大講義室A(2F)
    (Location: Lecture Hall A, Nishijin Plaza, Kyushu University)
  • 時間: 13:00-18:00
  • 講演者: 生田 卓也(神戸学院大),鍛冶 静雄(山口大),野口 健太(慶応大),城本 啓介(熊本大),...(順不同)
  • プログラム(Program,講演順未定)
    講演者(Speaker)タイトル(Title)
    アブストラクト(Abstract)
    12:55-13:00開会宣言(谷口 哲至)
    Opening (Tetsuji Taniguchi)
    生田 卓也
    (Takuya Ikuta)
    TBA
    TBA
    鍛冶 静雄
    (Shizuo Kaji)
    An invitation to Schubert calculus
    「3次元ユークリッド空間内に与えられた、一般の位置にある4本の直線全てに交わる直線は何本引けるか?」...(続き)
    野口 健太
    (Noguchi Kenta)
    TBA
    TBA
    城本 啓介
    (Keisuke Shiromoto)
    TBA
    TBA
    総括(溝口 佳寛)
    Closing (Yoshihiro Mizoguchi)
 

第1回 2012年 6月 2日(土)

  • 場所: 九州大学 西新プラザ 中会議室(2F)
    (Location: Meeting Room, Nishijin Plaza, Kyushu University)
  • 時間: 13:00-18:00
  • 講演者: 島袋修(崇城大),田坂浩二(九大数理),城戸浩章(福岡大),秋山正和(九大IMI)
  • filePDFファイル
  • プログラム(Program)
    講演者(Speaker)タイトル(Title)
    アブストラクト(Abstract)
    12:55-13:00開会宣言(谷口 哲至)
    Opening (Tetsuji Taniguchi)
    13:00-13:50島袋 修
    (Osamu Shimabukuro)
    ジョンソンスキームのモジュラー隣接代数の構造について
    (On structures of modular adjacency algebras of Johnson schemes)
    We consider algebras over a field of characteristic p which are generated by adjacency algebras of Johnson schemes....(続き)
    14:05-14:55田坂 浩二
    (Koji Tasaka)
    The formulas of representing integers as sums of squares
    ある自然数を s 個の平方数の和で表す方法の個数の明示公式の研究は1800年前後からなされており, 数論の古典的な問題の一つである....(続き)
    15:25-16:15城戸 浩章
    (Hiroaki Kido)
    一般アダマール行列のサイズの拡張について
    (On the extension of sizes of generalized Hadamard matrices)
    一般の有限群において、その元を成分とする正方行列がアダマール行列の類似の性質をみたすとき、一般アダマール行列といいます。...(続き)
    16:30-17:20秋山 正和
    (Masakazu Akiyama)
    A Mathematical Model of Cleavage
    卵割とは発生の初期段階において、受精卵が全体のサイズをほぼ一定に保ちつつ、分裂を繰り返しながら、細胞数を増やしていく過程である。...(続き)
    総括(溝口 佳寛)
    Closing (Yoshihiro Mizoguchi)
 

リンク