トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

九州大学 組合せ数学セミナー のバックアップソース(No.2)

このページでは,&color(red){九州大学 大学院数理学研究院 / マス・フォア・インダストリ研究所};で行われる組合せ数学セミナー((このセミナーは,[[グローバルCOEプログラム「マス・フォア・インダストリ研究教育拠点」:http://gcoe-mi.jp/]]の支援を受けて開催されます。&br; This seminar is supported by [[Global COE Program "Education and Research Hub for Mathematics-for-Industry":http://gcoe-mi.jp/]].)) の情報を紹介していきます。過去のセミナー情報は[[こちら>過去のセミナー]]。

#br

今年度も、奇数月の第二土曜日(?)に定期的に行いますので、興味のある方は是非、講演及び聴講にご参加下さい。お待ちしております。

#br

Welcome to our website of "Combinatorics Seminar in Kyushu University", which is held by Faculty of Mathematics and Institute of Mathematics for Industry, Kyushu University.

#br

We would like to meet on the second Saturday of odd months. Please join us, and enjoy '''Combinatorics'''.

#br

***新着情報 [#k6fb3bc1]

-第5回セミナー 2012年 2月17日(金) → [[組合せ数学・数値解析学合同ワークショップ:http://comb.math.kyushu-u.ac.jp/20120217/]]

#br

** 2011年度 セミナー [#r703c336]
-世話人: [[溝口 佳寛:http://imi.kyushu-u.ac.jp/~ym/]](九大IMI),[[谷口 哲至:http://researchmap.jp/tetsuzit-14/]](松江高専),三枝崎剛(大分高専)


Organizers:~
  [[Yoshihiro Mizoguchi:http://imi.kyushu-u.ac.jp/~ym/]] (Kyushu University),~
  [[Tetsuji Taniguchi:http://researchmap.jp/tetsuzit-14/]] (Matsue College of Technology),~
  Tsuyoshi Miezaki (Oita National College of Technology)

-アドバイザー: 坂内 英一(上海交通大学/九州大学)

Advisary:~
  Eiichi Bannai (Shanhai Jiao Tong University / Kyushu University)

#br

***第5回 2012年 2月17日(金) [#ldbd1885]
→ [[組合せ数学・数値解析学合同ワークショップ:http://comb.math.kyushu-u.ac.jp/20120217/]]

#br

***集中講義のご案内 [#yc3cbe04]
釜山大学より平坂貢 先生,李東姫 先生を講師に招き,集中講義を行っていただきます。

-場所: 九州大学
[[伊都キャンパス:http://www.math.kyushu-u.ac.jp/pages/access.html]] 数理棟 3F 中セミナー室7~
(Location: Seminar Room 7, Faculty of Mathematics, Kyushu University ([[Ito Campus:http://www.math.kyushu-u.ac.jp/pages/access.html]]))~
(12月9日のみ中セミナー室1 (Seminar Room 1))

-平坂貢(Mitsugu Hirasaka) [釜山大学(Pusan National University)]
--Title: 代数的組合せ論 (Algebraic Combinatorics)
--12月6日(火)~12月9日(金)

-李東姫(Lee Dong-Hi) [釜山大学(Pusan National University)]
--Title: Combinatorial Group Theory
--12月12日(月)~12月15日(木) 

([[九大数理HP:http://www.math.kyushu-u.ac.jp/seminars/view/674]])

#br


*** 第4回 2011年11月26日(土) [#sc9eb7a2]
&color(blue){(今回は,「[[&color(blue){論理と計算セミナー};:http://sakura.math.kyushu-u.ac.jp/wiki/index.php?Seminar]]」との合同開催です)};
-場所: 九州大学
[[伊都キャンパス:http://www.math.kyushu-u.ac.jp/pages/access.html]] 数理棟 3F 大講義室3~
(Location: Lecture Room L-3, Faculty of Mathematics, Kyushu University ([[Ito Campus:http://www.math.kyushu-u.ac.jp/pages/access.html]]))
-時間: 13:00-18:00
-講演者: Reynald Affeldt(産総研) ,宗政昭弘(東北大情報),赤間陽二(東北大理),若林徳子(九産大),篠原直行(情報通信研究機構)
-&ref(過去のセミナー/2011年度/combsem1104.pdf,,,PDFファイル);

-プログラム(Program)
||~講演者(Speaker)|~タイトル(Title)|
||>|~アブストラクト(Abstract)|
|12:55-13:00|>|開会宣言(谷口 哲至)&br; Opening (Tetsuji Taniguchi)|
|13:00-|Reynald Affeldt|Instrumenting Error-correcting Codes with SSReflect|
||>|Our motivation is to provide in the Coq proof-assistant formal definitions and lemmas about error-correcting codes.[[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#affeldt-04]]|
|14:00-|宗政 昭弘&br; (Akihiro Munemasa)|Super Catalan numbers and Krawtchouk polynomials|
||>|In 1992, Ira Gessel defined super Catalan number '''S'''('''m,n''') as &mimetex{S(m,n) = \frac{(2m)!(2n)!}{m!n!(m+n)!},}; where '''m,n''' are positive integers, and showed that '''S'''('''m,n''') is an integer.[[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#munemasa-04]]|
|15:00-|赤間 陽二&br; (Yohji Akama)|Set systems: Order types, continuous nondeterministic deformations, and quasi-orders|
||>|By reformulating a learning process of a set system '''L''' as a game between Teacher and Learner, we define the order type of '''L''' to be the order type of the game tree, if the tree is well-founded.[[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#akama-04]]|
|16:00-|若林 徳子&br; (Noriko Wakabayashi)|Double shuffle and Hoffman's relations for multiple L-star values|
||>|多重ゼータ値とは,リーマンゼータ関数の特殊値のある種の一般化である.[[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#wakabayashi-04]]|
|17:00-|篠原 直行&br; (Naoyuki Shinohara)|Primality proving and Grantham's problem|
||>|There are two kinds of algorithms to determine the primality of a given integer.[[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#shinohara-04]]|
||>|総括(溝口 佳寛)&br; Closing (Yoshihiro Mizoguchi)|

#br


*** 第3回 2011年 9月 3日(土) [#w47c7c49]
-場所: 九州大学
[[西新プラザ:http://www.kyushu-u.ac.jp/university/institution-use/nishijin/index.htm]] 中会議室(2F)~
(Location: Meeting Room, [[Nishijin Plaza:http://www.kyushu-u.ac.jp/university/institution-use/nishijin/english.htm]], Kyushu University)
-時間: 13:40-17:20
-講演者: 岩見智宏 (福岡工大),髙妻倫太郎(立命館アジア太平洋大),三枝崎剛(大分高専),谷口 哲至(松江高専)
-&ref(過去のセミナー/2011年度/combsem1103.pdf,,,PDFファイル);

-プログラム(Program)
||~講演者(Speaker)|~タイトル(Title)|
||>|~アブストラクト(Abstract)|
|13:40-13:45|>|開会宣言(谷口 哲至)&br; Opening (Tetsuji Taniguchi)|
|13:45-14:35|岩見 智宏&br; (Tomohiro Iwami)|亜群による商空間の構成とassociation aschemes&br; (Construction of quotient spaces of groupoids and association schemes)|
||>|Mumford氏のGIT(=Geometric Invariant Theory、幾何学的不変式論)構成によるmoduli空間の構成は、代数多様体の退化等を調べるほか、代数幾何では重要な道具のひとつであるが、構成された。[[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#iwami-03]]|
|14:45-15:35|髙妻 倫太郎&br; (Rintaro Kozuma)|Cubic surfaces associated to cyclic cubic extensions|
||>|1980年代,Yu.I.Manin は楕円曲線の群演算の自然な類似として3次曲面(より一般に3次形式)に対してある種の2項演算を定義し,その代数構造を決定,数論的性質を研究した.[[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#kozuma-03]]|
|15:45-16:25|三枝崎 剛&br; (Tsuyoshi Miezaki)|G. Nebe の格子の周辺&br; (Construction of G. Nebe's lattice and related topics)|
||>|昨年 G. Nebe により構成された、72 次元の extremal even unimodular lattice の構成法及び関連する話題を紹介します。[[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#miezaki-03]]|
|16:35-17:15|谷口 哲至&br; (Tetsuji Taniguchi)|On fat Hoffman graphs with smallest eigenvalue at least –3|
||>|Hoffman graphs are a limiting object of graphs with respect to the smallest eigenvalue.[[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#taniguchi-03]]|
|17:15-17:20|>|総括(溝口 佳寛)&br; Closing (Yoshihiro Mizoguchi)|

#br

*** 第2回 2011年 7月16日(土) [#o5571849]
-場所: 九州大学
[[伊都キャンパス:http://www.math.kyushu-u.ac.jp/pages/access.html]] 数理棟 3F 中セミナー室7~
(Location: Seminar Room 7, Faculty of Mathematics, Kyushu University ([[Ito Campus:http://www.math.kyushu-u.ac.jp/pages/access.html]]))
-時間: 13:00-17:40
-講演者: 生田卓也(神戸学院大法),横山俊一(九大数理),中嶋 康博(熊本県技短),奥田隆幸(東大数理),野崎寛(東北大情報)
-&ref(過去のセミナー/2011年度/combsem1102.pdf,,,PDFファイル);

&color(red){※ 諸事情により,日時・会場が通常と異なります。ご注意ください。};


-プログラム(Program)
||~講演者(Speaker)|~タイトル(Title)|
||>|~アブストラクト(Abstract)|
|13:00-13:05|>|開会宣言(谷口 哲至)&br; Opening (Tetsuji Taniguchi)|
|13:05-13:45|生田 卓也&br; (Takuya Ikuta)|Nomura algebra of nonsymmetric Hadamard models|
||>|Jaeger and Nomura constructed nonsymmetric Hadamard models for link invariants from Hadamard matrices.[[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#ikuta-02]]|
|13:55-14:35|横山 俊一&br; (Shun'ichi Yokoyama)|Monstrous Moonshine と計算機数論&br; (Monstrous Moonshine and Computational Number Theory)|
||>|代数的組合せ論の研究においては、多くの点で数論的対象が密接に関わっており、お互いに symbolic computation を援用しながら性質を調べていくという営みが多く見られる。[[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#yokoyama-02]]|
|14:45-15:35|中嶋 康博&br; (Yasuhiro Nakashima)|On subcode by intersection of permutation equivalent two codes.|
||>|2つの符号があり、一方に置換を作用させると他方が得られるとする。[[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#nakashima-02]]|
|15:45-16:35|奥田 隆幸&br; (Takayuki Okuda)|一般ランクのコンパクト対称空間における Fisher type bound の類似について&br; (Analogue of the Fisher type bound for compact symmetric spaces of higher rank)|
||>|球面上の代数的組合せ論においてよく知られる Fisher type bound は, 球面上のデザインと符号のバウンド, 及びそれらの繋がりを与える意味で重要な定理である.[[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#okuda-02]]|
|16:45-17:35|野崎 寛&br; (Hiroshi Nozaki)|複素球面上の距離集合について&br; (On complex spherical distance sets)|
||>|Delsarte–Goethals–Seidel (1977)が与えた,実球面上のデザイン,コード,距離集合の理論が,最近,Roy&nash;Suda (2011)により複素球面へのデザイン,コード,距離集合の理論へと拡張された。[[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#nozaki-02]]|
|17:35-17:40|>|総括(坂内 英一)&br; Closing (Eiichi Bannai)|

#br


*** 第1回 2011年 4月23日(土) [#k3309fd5]
-場所: 九州大学
[[伊都キャンパス:http://www.math.kyushu-u.ac.jp/pages/access.html]] 数理棟 3F 中セミナー室7~
(Location: Seminar Room 7, Faculty of Mathematics, Kyushu University ([[Ito Campus:http://www.math.kyushu-u.ac.jp/pages/access.html]]))
-時間: 13:00-17:20
//-講演者: 坂下一生(九大数理),野崎寛(東北大情報),栗原大武(東北大理),Kirill Morozov(九大IMI),Xavier Dahan(九大数理)
-&ref(過去のセミナー/2011年度/combsem1101.pdf,,,PDFファイル);

&color(red){※ 諸事情により,日時・会場が通常と異なります。ご注意ください。};



-プログラム(Program)
||~講演者(Speaker)|~タイトル(Title)|
||>|~アブストラクト(Abstract)|
|13:00-13:05|>|開会宣言(谷口 哲至)&br; Opening (Tetsuji Taniguchi)|
|13:05-13:45|Xavier Dahan|Ramanujan graphs of very large girth based on octonions|
||>|In a celebrated 1988's article, Lubotzky-Philipps-Sarnak introduced the notion of "Ramanujan graphs". [[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#dahan-01]]|
|13:55-14:35|Kirill Morozov|Introduction to code-based public key encryption.|
||>|In this talk, we will present two code-based public-key encryption (PKE) schemes: the McEliece PKE and its dual, the Niederreiter PKE. [[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#morozov-01]]|
|14:45-15:35|野崎 寛&br; (Hiroshi Nozaki)|グラフの埋め込みから得られる2距離集合について&br; (Euclidean representations of a graph as two-distance sets.))|
||>|ユークリッド空間上の有限個の点の集合'''X'''で,異なる2点間のユークリッド距離の集合(&mimetex{A(X)=\{d(x,y):x,y \in X, x \ne y\}};)のサイズが2であるものを2距離集合と呼んでいる。 [[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#nozaki-01]]|
|15:45-16:25|栗原 大武&br; (Hirotake Nozaki)|excessとアソシエーションスキームについて&br; (On excesses and association schemes)|
||>|&mimetex{\Gamma=(X,E)}; を直径 '''d''' の連結な正則グラフとし,頂点 '''x''' から距離 '''d''' の位置にある点の個数を '''x''' の excess と呼び &mimetex{k_d(x)}; であらわす. [[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#kurihara-01]]|
|16:35-17:15|坂下 一生&br; (Issei Sakashita)|Introduction to Coq Proof Assistant System.|
||>|Coq はINRIAによって開発されたコンピュータ上で数学の証明を行うソフトウェアです。 [[...(続き)>過去のセミナー/2011年度#sakashita-01]]|
|17:15-17:20|>|総括(溝口 佳寛)&br; Closing (Yoshihiro Mizoguchi)|

//#br

//このセミナーについてのお問合せは**(**@**)までお願いします。


#br

**リンク [#z16f563b]
--九州大学 [[大学院数理学研究院:http://www.math.kyushu-u.ac.jp/]] / [[マス・フォア・インダストリ研究所:http://www.imi.kyushu-u.ac.jp/]]
---[[セミナー一覧:http://www.math.kyushu-u.ac.jp/seminars/index]]
--[[溝口佳寛准教授のHP:http://imi.kyushu-u.ac.jp/~ym/]]
---[[研究室「論理と計算」:http://sakura.math.kyushu-u.ac.jp/wiki/]]
--[[グローバルCOEプログラム「マス・フォア・インダストリ研究教育拠点」:http://gcoe-mi.jp/]]